読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膠原病(SLE)のまとめブログ

このサイトの管理人(草餅)です。 彼女が膠原病(SLE)になり、治療を進めていく上で、勉強したこと、どんな治療をしたのかを、忘れないようにするためと、同じ病気の方へ情報の共有が出来ればと思いブログを書いています。

入院19日目-膠原病(SLE)

膠原病(SLE)

現時点での治療の経過のまとめ

治療開始から10日間になりました。
治療中の病気と、治療の効果の経過報告です。

今の段階で分かっている病気

①脳腫瘍(すごく小さい)(脳神経外科での発見により、膠原病(SLE、全身エリテマトーデス)の発見に繋がった)
膠原病(SLE、全身エリテマトーデス)主に、血液検査、尿検査により判明
③ループス腎炎(主に、血液検査、尿検査により判明)本来は、腎生検により最終判断をするが、体の状態により腎生検不可のため、血液検査からの判断
血球貪食症候群(治療開始から血液検査をしていて、上がらない値があるため、骨髄穿刺していたものを詳しく調べてみると判明)

①脳腫瘍

これについてはすごく小さい状態なので、特に治療をするということでもなく血液がつまらないように注意するということで、血液をサラサラにする薬を一日一錠飲んでます。

膠原病(SLE、全身エリテマトーデス)
③ループス腎炎

ループス腎炎を優先的に治療しつつ、膠原病(SLE、全身エリテマトーデス)の治療のため、自己免疫治療。
ステロイド剤(プレドニン)+免疫抑制剤(セルセプト(MMF)
※少し昔の治療方である、パルス療法に比べてリスクが少ない(無月経にならない)
今の段階で、白血球が正常値に戻りました。

血球貪食症候群

ステロイド剤(プレドニン)+免疫抑制剤(セルセプト(MMF)で効果が見られないと、ステロイドの量を増やして治療をする必要がある。
(パルス療法をしないといけない)
血液検査で、ヘモグロビンと血小板が増えていかないといけないが、現段階では、少しずつ増えてはいるので一旦様子見中。
途中での血液検査次第でどのような治療をするか判断が出そうな状態です。

すべては、膠原病(SLE、全身エリテマトーデス)からの影響でありますので、色々大変だと思います。
同じ病気で大変な方に、エールを送ります。

一緒に頑張りましょー!



from 膠原病(SLE)のまとめブログ http://ift.tt/1OjEdzQ