読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膠原病(SLE)のまとめブログ

このサイトの管理人(草餅)です。 彼女が膠原病(SLE)になり、治療を進めていく上で、勉強したこと、どんな治療をしたのかを、忘れないようにするためと、同じ病気の方へ情報の共有が出来ればと思いブログを書いています。

入院29日目-膠原病(SLE)

順天堂大学病院の感想などなど

もともとこちらで治療していましたので、入院も考えていましたが・・
良いとこ、悪いとこのご報告。
(あくまでも個人的な主観でのお話です)

膠原病(SLE)の治療面について

順天堂大学病院は日本屈指の膠原病治療だそうです。
名前の通り有名ですし、患者さんの数も相当だと思います。

だからこその良いところ、悪いところがあるように思えました。

診察の待ち時間はすごいです。
東京女子医科大学病院も待ちますが、それ以上に待ちます。
予約していないとまず無理ですし、先生方をはじめ看護師さんのみなさまほんとに忙しそうです。
(主観ですが、さばくので精一杯のように見えました)

有名な先生方はたくさんいます。
日本屈指の病院。
膠原病・リウマチ内科ももちろんそうですが、他の科にもたくさんのその業界(担当科目)で有名な方々がいらしゃいます。
彼女自身も、膠原病(SLE)(全身エリテマトーデス)を専門とする先生に診て頂いておりました。

治療での特に不満はなかったです。
診察時間は短めですね。あとは病気の説明をしてくれるのですが難しい説明でした。
こちらから、これは何で?と聞かないとあまり話をしてくれない感じですかね。
だからと言って特に不満はないようでした。
一年くらい定期健診させて頂いておりましたし・・

これは恐らく先生の中で、今まで何十年と診てきた経験と検査結果とを照らし合わせて、いまどのような状態で、どのような治療をしていくのか。
イメージが出来上がっているからだと思います。
膠原病治療には、ある程度のルールが決まっているそうですのでそうゆうものなのかも知れません。

絶対とは言い切れませんが、膠原病治療の力関係で言うと、
東京女子医科大学病院<順天堂大学病院
となるそうです。(先生方からの情報を元に判断)

元々、順天堂大学病院の〇〇先生に診てもらっていましたが、東京女子医科大学病院に入院しましたなんて話をしたところ、
「あ、〇〇先生! すごくいい先生で、膠原病(SLE)(全身エリテマトーデス)の専門(エキスパート)だよ!」
何でうちに来たの?なんて話もあったりしました。
入院費が・・・と話をしましたが・・

入院費について

またお金のお話です。すみません。
ですが、大切なことなので・・

記憶でのお話になってしまいますが、

一般部屋(大部屋)—入院費7,000円(1日あたり)
2人部屋—————入院費18,000円(1日あたり)
個室——————-入院費36,000円(1日あたり)

だったような気がします。
※病棟によって違う可能性もあります。

そして、一般部屋はほぼ空いていないので、それ以外の部屋で最初入ることになります。とのことでした。
(先生からすぐにでも入院してください。と言われていたため)

その分、病院はものすごく綺麗です。ほんとに綺麗!
食堂とかホテルかと思うくらいです。
お高い分、部屋や病院食は良いものなのだと思います。

まとめ

そういった経緯もあり、セカンドオピニオンとして、東京女子医科大学病院に行きました。

個人的には、よく話を聞いてくれる「東京女子医科大学病院」の先生の方が好きです。
(診察時間も30分とか診てくれました)

結果的にどちらが良かったのかは分かりません。

ただ、患者よりの先生で安心できたこと。
入院費が「東京女子医科大学病院」であれば保険で何とかなりそうだったこと。

主にはこの2点の理由が強かったです。

参考にしてみてください。



from 膠原病(SLE)のまとめブログ http://ift.tt/28NrBlm