読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膠原病(SLE)のまとめブログ

このサイトの管理人(草餅)です。 彼女が膠原病(SLE)になり、治療を進めていく上で、勉強したこと、どんな治療をしたのかを、忘れないようにするためと、同じ病気の方へ情報の共有が出来ればと思いブログを書いています。

入院13日目-膠原病(SLE)

膠原病(SLE)(全身性エリテマトーデス)についてのお話です。③

治療の流れと、入院期間についての説明です。

今回の治療のメインは、
膠原病(SLE)(全身性エリテマトーデス)の影響で、
「ループス腎炎」が発病してしまったので、そこの治療を一番に行います。

そして、治療法は、
MMFという療法」を選択しました。

理由としては、
①2015年7月~ 日本でも解禁された治療法(海外での実績あり)
②無月経のリスクがなくなった。
③点滴ではなく飲み薬なので、摂取しやすい。
主に、この理由で決めました。

具体的な治療について

ステロイド剤(プレドニン)

免疫抑制剤(セルセプト(MMF))

ステロイドについて
体重×0.5~1㎎/1日を使用することが必要。よって48キロの彼女は45㎎/1日を摂取。
計算が合いませんが、初期投与量20~60mg/日程度で開始するようです。

45㎎を4週間続け、その後は2週間ずつ10%の割合で減らしていく。
ステロイドが37.5㎎/1日に減るまでは基本的に入院は必要である。
外出は一切不可。

退院しても、20㎎くらいになるまでは職場復帰は難しい。
要相談で週2回くらいなら出勤できるかもしれないが、免疫が下がっているので人混みには基本的にいかないほうが良い。
退院後も2週間に1回は通院が必要で、10㎎くらいに減るまでは通院は絶対。

免疫抑制剤について
MMFを選んだのは副作用の無月経を回避することにつながるため。
他の免疫抑制剤でオーソドックスなのは、エンドキサンパルス療法と呼ばれる点滴のこと。
今回はMMFを使う。

■接種方法
錠剤 ステロイドが1日9粒前後
これに免疫抑制剤や胃薬、その他の薬を服用。

■副作用について
ステロイドの副作用
感染症にかかりやすい。(手洗い・うがい・マスク着用・インフルエンザ予防接種は絶対)
ここに関しては予防薬を内服する。(ファンギゾンシロップ・バクタを使用)

②血糖値の上昇
必要であれば、血糖降下薬やインスリンを使用。

コレステロールの上昇
必要であれば、内服薬を使用

④血圧の上昇
必要があれば、内服薬を使用

⑤不眠

骨粗しょう症(ここに対してはVitD製剤内服)

⑦胃炎・胃潰瘍(胃薬服用)

白内障(なりやすいということなので、年に1回は眼下に通って確認してもらうこと)

⑨浮腫(最初ステロイド薬が多いと顔が一気にむくむ。量が減れば基に戻る。)

⑩肩やおなかまわりに脂肪が勝手についてしまう。量が減れば基に戻る。

⑪下痢、腹痛

上記が副作用として起こりやすいそうです。
特に顔の腫れは気になる人が多いかもしれないということでした。

入院期間について

これは、人によってかなり変わります。

膠原病(SLE)(全身性エリテマトーデス)で、
「ループス腎炎」を、「MMFという療法」で治療する場合。

まず、実際の治療に入るまでに、検査入院となりますので、検査のために始めに2週間くらいは必要です。
(検査しても、すぐには結果が出ないため)
※彼女の場合は、腎生検が出来なかったので、少し早めの治療の開始となったんだと思ってます。

そして、MMFという療法」ですが、
ステロイド剤(プレドニン)を飲みます。

体重×0.5~1㎎/1日を使用することが必要。
最初に決められた量を4週間続けます。
その後は、2週間ずつ10%の割合で減らしていく。
ステロイドが37.5㎎/1日に減るまでは基本的に入院は必要である。
外出は一切不可。

ということは、一番入院期間に影響が出そうなこととして、
その人の体重に比例しそうです。

ステロイドが37.5㎎/1日に減るまでは基本的に入院は必要である。と言われていますので、

<目安として>
60kgの場合→最初は、60mg×4週間 その後、48mg×2週間 43.2mg×2週間 38.9mg×2週間
(最初の検査期間が2週間あると思うと、計12週間(約3ヶ月)必要ということになります)

50kgの場合→最初は、50mg×4週間 その後、40mg×2週間 36mg×2週間
(最初の検査期間が2週間あると思うと、計10週間(約2.5ヶ月)必要ということになります)

40kgの場合→最初は、40mg×4週間 その後、36mg×2週間
(最初の検査期間が2週間あると思うと、計8週間(約2ヶ月)必要ということになります)

実際の入院期間は、先生とも相談になると思いますので、この通りにはならないと思います。

※体重が重ければ重いほど、入院期間が長いと覚えてください。



from 膠原病(SLE)のまとめブログ http://ift.tt/1PAl6Sy